認知症は予防することが大切です|実は予備軍が多い

ホルモンと成分

手を上げる女性

女性ホルモンを増やす方法では、イソフラボンやプエラリアの成分が用いられます。こういった成分は酵素と合わせて摂取することで、効果が倍増するのが特徴です。ブレンド商品を利用することで、効率的な摂取が出来ます。MAP酵素は女性ホルモンを増やす新しいアプローチが出来る成分です。

もっと見る

発症リスクを下げる方法

男女

ビタミン類を摂ろう

本人にも家族にも大きな負担となってしまうのが認知症です。65歳以上の7人に1人が認知症と診断されているほか、初期症状の方まで含めると4人に1人が認知症や予備軍と言われています。症状が進むと普段の生活ができなくなり、人生の満足度が大きく低下してしまいます。認知症とならないよう1日も早く予防することが重要です。認知症には、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症とがあります。アルツハイマー型は、なぜ発症するのかはまだ分かっていません。しかし、βアミロイドと呼ばれるタンパク質の異常な蓄積が原因と考えられており、抗酸化作用のある成分を摂ることが予防に繋がると言われています。緑黄色野菜に含まれているビタミン類は抗酸化作用が高く、アルツハイマー型を予防できると期待されています。

脳内の血管を健康に

脳血管性認知症は、名前の通り脳内の血管が悪化することで発症します。血管が悪化することで発症する脳梗塞が引き金となり、脳血管性認知症は発症します。そのため、脳内の血管を常に健康に保つことが重要です。特に高血圧や高脂血症、糖尿病の方は早期に予防対策をしなければなりません。脳内の血管を健康に保つ成分では、青魚に含まれているDHAとEPAが最も有名です。どちらも血液をサラサラにする効果があるほか、コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果もあります。高いコレステロール値や中性脂肪値は脳梗塞を引き起こす元凶です。DHAとEPAを摂ることで、2つの効果により脳血管性認知症を予防できます。また、オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸も予防効果が高い成分です。とはいえ、これらを毎日、食事で全て摂るというのはなかなか難しいものです。そのためサプリや栄養ドリンクなどの健康補助食品で足分を補うのが効果的です。

あまり頼り過ぎない

女の人

更年期障害は10年以上続く方もおり病院で診断されると強力な西洋薬を処方される場合と漢方薬で対処する場合がある。これは病院で処方される薬は強力であるため、長期に使用するとある種の癌リスクを高める可能性が示唆されているためです。

もっと見る

とても困る症状とは

頭を押さえる女性

更年期障害は、閉経前後の女性に現れる症状です。体内の女性ホルモンが卵巣の機能の衰えで減る事で、更年期障害が起こります。症状を解消する方法として、ロイヤルゼリーのサプリがおすすめです。体内で女性ホルモンと同じ働きをするので、抜群の効果が有ります。

もっと見る